カードローンQ&A

カードローンを作ったら必ず利用しないといけないの?

そんなことはありません。いざという時の備えとして作っておいて利用しなくても問題はありません。ただし、カードローンを作ったこと忘れないようにすることが大切です。万が一、盗難にあった場合は手続きをしないと行けませんし、カードローン枠が自分の信用情報に登録されるので、あまり必要以上に限度額を大きくしていると他のローンを利用するときに審査にひびきます。

 

在籍確認は必ずあるものですか?

電話

在籍確認は行う会社と行わない会社があります。

行う会社⇒三菱東京UFJ銀行・新生銀行・プロミス
行わない会社⇒イオン銀行・アコム・モビット・みずほ銀行

 

必要書類ってありますか?

基本的に本人確認書類は必要です。運転免許や健康保険証などを用意してください。
また会社によっては、限度額〇〇円以上は収入を証明する書類や年収を確認できる書類を用意してくださいとなっています。

 

即日融資って本当に当日中に借りられるの?

申し込み時間にもよりますし、申込方法も考えて利用してください。
例えば夜中の2時に申し込みをしても審査時間というのがどの会社にも設定されています。大体9時ごろから21時ごろまでで、手持ちの口座に振込で融資を受ける場合は銀行の振込受付可能時間(15時ごろまでが多い)を確認する必要があります。
午前中から夕方ぐらいにかけての自動契約機や窓口でで申し込みすると即日融資が受けやすいです。

 

返済を滞納したらどうなりますか?

はじめは郵送や電話連絡で、入金の確認ができませんよ。という程度のお知らせが届くのですが、それらを無視して延滞を続けると催促の電話が携帯電話以外の自宅の電話や会社などにも連絡がいくようになったり、郵送物も督促状などの内容の濃いものになってきます。遅延損害金も発生しますし、最悪の場合は法的手段になり、債務整理等を行うようになります。

 

闇金は見分けられますか?

闇金

見分けられますし、怪しいと思ったら利用しないでください。
金融庁の登録賃金業者情報検索ページで登録番号や商号・名称から金融庁に登録されている業者かどうかを確認できますし、日本賃金業協会の公式サイトでも悪業者の業者名・電話番号などから検索がができます。
その他、検索サイトでも怪しいと思った業者名を検索してみたりするのも方法です。
闇金にはいろいろと特徴があるので、勉強しておくとよいです。

 

総量規制ってなんですか?

賃金業法の1つで、個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される仕組みです。
つまり、年収300万円の方なら100万円までが借入可能となります。また総量規制は賃金業者向けの法律になりますから、賃金業者ではない銀行や信用金庫などは総量規制対象外となります。またその他、一部除外・例外の貸付があります。

 

家族に内緒で借入可能ですか?

可能です。申込方法を工夫したり、電話連絡がない業者を利用したりして工夫すると家族に知られずに借入もできます。インターネットからの申し込みや自動契約機の利用がバレにくい借入方法です。