専業主婦でもカードローンは利用できます。

エプロンのお母さん

専業主婦で収入がなくても自分自身の名義で配偶者の同意書などがなくてもカードローンをもち、利用することができます。

それには総量規制対象外のカードローンを選ぶ必要があります。
そもそも、総量規制とは、年収の3分の1までの借入しかできませんよ。という規律です。これは賃金法で定められていて、賃金業者を対象とした法律です。
年収の3分の1までしか借入ができないのであれば、年収が0円の専業主婦は借り入れは不可となります。しかし、あくまでも賃金業者を対象とした法律です。銀行や農協、信用金庫などは賃金業者ではないので、総量規制が対象外となります。これによって、銀行では専業主婦向けのカードローンを商品化できるというわけです。

 

しかし、銀行であるから、専業主婦でも借入できるわけではありません。
銀行によっては、安定した収入がないと申し込み不可としている商品もありますし、そもそも、専業主婦はお断りしています。という銀行もあります。
なので、専業主婦がカードローンに申し込みをするときには、必ず専業主婦でも申し込みが可能かどうかをよく確認してから申し込みするようにしてください。

 

当サイトで、主に紹介している「オリックス銀行」ですが、専業主婦からの申し込みは不可となっています。他の銀行を下記に紹介しますので、そちらから選んで申し込みしてみてください。

 

専業主婦でも利用可能な銀行カードローン 〜ネット銀行編〜

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

専業主婦(女性のみ可)の方でも、配偶者に安定した収入があれば申込可能です。
配偶者の勤務先に在籍確認の電話をするので、事前に配偶者の了承を得ていることが前提です。
利用限度額は特に記載がないのですが、30万円から50万円の間が一般的です。金利は2.5%〜18.0%です。

 

セブン銀行

利用限度額が10万円・30万円・50万円の3パターンから選びます。返済金額なども一律で、5千円か1万円の返済金額です。電話連絡もなく、申し込みに必要な書類もないのが嬉しいポイントです。セブン銀行に口座を持っていない人は口座開設からなので、少し時間がかかるのが注意ポイントです。

 

楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行のカードローンも専業主婦でも申込可能です。収入証明書不要で、ネットだけでなくコンビニATMでも利用がかのうです。キャンペーン等でポイントがプレゼントされたりするので上手に活用するとかなりお得に利用ができますし、生活の足しにもなるカードローンです。

 

その他ネット銀行では、住信SBIネット銀行やじぶん銀行なども専業主婦でも申し込みが可能です。各銀行、金利や借入・返済方法など特徴がありますし、ライフスタイルに合わせて利用のしやすさも各個人で変わってくるので、よく自分なりに比較して選んでください。
ネット銀行は上手に活用すると、家計簿いらずで家計費が管理できたり、リアルタイムでお金のやりとりができるので便利です。その反面、ウィルス等による被害も増えてきています。自己防衛をして活用するようにしてください。

専業主婦でも利用可能な銀行カードローン 〜都市銀行編〜

みずほ銀行

みずほ銀行

みずほ銀行のカードローンは女性専用のカードローン(マイウィング)があり、便利に活用できます。女性専用ということで申込時にわからないことなどがあって、電話をかけても女性オペレーターにつながりますし、申込み後の相談や各変更手続きも女性オペレーターとのやりとりでできます。もちろん、インターネット上からも手続きが可能です。みずほ銀行の口座を持っていれば即日融資もかのうですし、手持ちのキャッシュカードにカードローンの機能をつけるだけなので、ローンカードが新たに郵送されてくるなどもありません。カードを増やさずに気軽に利用ができるのが大きなメリットとも言えます。

 

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行のカードローンはバンクイックという商品で、テレビ窓口が人気です。無人の個室タイプの窓口で、オペレーターとのやりとりになりますが、カードローンの手続きも受付時間内ならその日のうちに完了して、融資も受けられます。最短で40分で利用可能ですから、急いで利用したい方にもオススメできる銀行のカードローンです。また、提携コンビニでATMも数が多く申込み後も利用がしやすいです。

 

新生銀行(レディースレイク)

新生銀行のカードローンはレイクという商品です。レイクは消費者金融と勘違いされやすいのですが、新生銀行のカードローンです。180日間もしくは30日間の無利息期間が設定されていて、お得に借入ができます。また、レディースレイクと言って女性専用の申し込み窓口もあるので利用がしやすくなっています。

 

都市銀行と呼ばれる大手の銀行ではほとんどの銀行が専業主婦でも借入が可能となっています。借入可能金額は30万円から50万円の間で、収入に関する書類などは不要、配偶者への連絡も無しというのが一般的です。インターネットからも申し込みができたり、窓口でも申し込みができるので気軽に利用ができます。大手の銀行ということで安心感もありますし、オススメできる商品が多いです。

専業主婦でも利用可能な銀行カードローン 〜地方銀行編〜

千葉銀行

ちばぎんカードローンのクイックパワーは専業主婦でも申し込みが可能で。金利も4,3%〜14,8%と都市銀行に負けないぐらいの金利の低さで利用ができます。審査決も即日回答が可能で、セブン銀行やイオン銀行、ローソンATMなどと提携しているので千葉県以外の全国か各地でも利用が可能です。申し込み限度額は30万円で、所得証明書も不要で申込可能です。

 

南都銀行

南都銀行のカードローンはE−PACKという商品で、契約コースは4つにわかれています。20・50・70・100万円型コースから希望のコースを選びます。専業主婦の場合は20万円コースのみの申し込みしかできません。また、申し込み条件として南都銀行の営業エリア内にお住まいの方のみとなっています。利用のたびにポイントがつき、ポイントで金利優遇のなどの特典を受けられるサービスがあります。

 

大垣共立銀行

大垣共立銀行のカードローン商品には種類があります。その中の 随弁型カードローン「マキシマム・ミニ」は専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込み可能です。利用限度額は30万円または50万円で、審査によって決まります。

 

地方銀行のカードローンは専業主婦は受付していない銀行が多くあります。よく勘違いして銀行だから専業主婦でも申込可能!と思って申し込みし、審査を受けてしまうことがあるのですが、その場合審査には必ず落ちてしまいますし、審査に落ちてしまったという事実は信用情報にも登録されてしまうので、他のローンの審査にフリになる可能性もあるので、よく確認して申し込みをしてください。
また、都市銀行とは違い申し込みする場合には営業エリア内に住んでいることなどが条件になっていたりします。細かい点までよく確認するようにしましょう。

専業主婦でも利用可能な銀行カードローン 〜消費者金融編〜

実は専業主婦がカードローンを持つのに、銀行以外の消費者金融でもカードローンを申し込みすることができます。それが「配偶者貸付」といいます。総量規制では年収の3分の1までしか貸付をできないのが規則となっていますが、例外として「配偶者と併せた年収の3分の1までの貸付け」という例外の貸付を受けることができます。

 

なので、消費者金融でも「配偶者貸付」を行っている業者なら専業主婦でもカードローンの申し込みをすることができるということです。
配偶者貸付を利用する場合は、書類が必要です。
☆配偶者の同意書
☆配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍抄本など)
これにプラスして、利用する消費者金融指定の書類が必要になります。(例:収入証明書など)

 

配偶者貸付をしている消費者金融は数が少なく、需要があまりないのと、手続きが業者側も面倒でコストが掛かるのが理由です。

 

〜配偶者貸付を行っている消費者金融〜
☆Cedyna セディナ
☆エレガンス
☆キャネット 等